×××× IN MY HEAD

仕事のこと、音楽のこと、悲しかったこと

正直者

こんばんわ、メキシコがんばれ筒井です。

W杯始まって、少しだけ寝不足です。

 

会社に行きたくない朝はありましたが

会社に行きたくない夜はありませんでした。

 

ただ最近は夜から会社に行きたくないです。

そう思ったので、実家に帰りました。

実家は相変わらず時が止まったように田舎でした。

以前より庭の草木は生い茂っていたものの

よく手入れされていて、ここも変わらず親父はマメだなと思いました。

 

初めて親父と「これから」の話をしました。

実家に帰る度にする話なんて基本点に

「今どうなのか」って話でしたけれど

今日は「これから」の話でした。

結論が出たわけじゃないけれど、善は急げということで

色々準備を始めようと思います。

 

仕事辞めようと思う。って話したら

まともに育ってるな。

って答え、なかなか出来ないっすよ。親なら。

 

これも変わらず、親父は素敵でした。

 

傍ら、母ちゃんはキングダム読もうとしてた。

 

 

いつかは実家へ帰らなきゃと思う。

70過ぎたジジイが自営業だからって働いてるのを見るのは嫌だ。

死ぬ前くらい好きなことしててほしい。

仕事が好きなら、それでいいけど。

 

 

僕は夢が無いわけではなく、親孝行がしたいのかもしれません。

 

 

お疲れ様、明日もほどほどに頑張ろう。

 

 

 

 

 

CQD

こんにちは、筒井です。

 

   なぜでしょう、やる気が出ません。

遅れてきた五月病でしょうか。

鬱々としております。

何かをしてスッキリすることもなく

得体の知れない焦りみたいなものにビビってます。

 

   僕は人がやる気を起こす起爆剤として

「理由」が必要だと信じてます。

金や名誉のような具体的に見えるものでなく

理由なのだと思っている。

 

理由さえあれば、頑張れるのです。

やらなきゃいけない理由なのか

やるべき理由なのか

やりたい理由(ワケ)なのか

 

その理由が今はどこかへ行ってしまった。

 

 

何度も書いているが、多分やりきってしまったのだ。

自分の中で限界を作るな!みたいな文句がありますね

限界知らずに走れるほどタフじゃないんです。

どうせ僕のブログなんか読んでる人はせいぜい5kmくらいが限界ないんじゃないでしょうか。

 

渡會さんも言ってますよ。

「答えでは無く、理由を買い与えた。」と

 

気分の浮き沈みが激しく

何らか病気なんじゃねえのかと思うくらい

家に帰ってから呆然としております。

 

病んでません、悩んでるんです。

 

一生懸命に理由を探してるんです。

翠と蒼

こんばんわ、筒井です。

サッカー観てます。

 

三年ぶりくらいにpixies聴いてます。

なんかもう、力強くも全てが壊れそうな脆さが好きです。

 

僕もそんな感じでいたいです。

DAY DREAM BEAT

初めまして、筒井です。

縁あって地下室timesで記事を書かせて頂きました。

 

https://basement-times.com/humbreaders/

 

書きたいことは全てここに書きましたので

特にブログで何か補足とかはございません。

 

そもそも僕みたいな普通のサラリーマンが

こんな記事作成とかしてていいんでしょうか。

でも僕の自慰行為に過ぎないですし

問題無いですよね。

 

根暗で、小学時代は6年間もいじめられっ子だったけれど

目立ちたがり屋な気持ちはどこかにありました。

そこで拗らせた性格と野望が、こういう形で知らない人に伝わり、褒められると

嬉しくて嬉しくて、泣けてきます。

音楽が好きでよかったなあと思います。

 

僕もバンドしてました。

何個も組んでは消えて行きました。

僕の才能も特になく

高校の中でも上から4番目くらいの上手さで

いつまで経っても上手くならないし

スラップは汚い音が鳴るし

僕より若い人たちがフェスに出てるし

弾くのは楽しくなくなりました。

 

それでもロックバンドは麻薬な訳で

一方的な僕の愛がこのような形で

色んな人に読んで頂けて幸せです。

 

わざわざコメントまで送ってくれた人や

貴重な1日の中で読んでくれた人

本当にありがとうございました。

 

また、この機会を下さった石左さん

またよろしくお願いします。

 

252記事

こんにちは、筒井です。

これで252記事目らしいです。

よくもまあこんなに書いてるもんだ。

そう思いませんか、ねえ。

これはもう僕の黒歴史だし、歴史だ。史書だ。

 

就活前から就活中、卒業のこと、入社したこと

好きになった女の子のこと、色々ある

見返すといつも自分のこと鼓舞して褒めてる。

ナルシズムの究極をここに感じる。

いつも続けてることが出来なくなった時

色々普段の生活や仕事を見返した方がいいとか言う。

そんなツイートが三日前くらいに流れてきた。

別に毎日していることなんて無いけれど

仕事より長く続けてることなんて今現在は

タバコとブログくらいしかない

どちらもそこそこに続いてる。

どちらも今のところ辞めるつもりない。

 

お仕事はどうだろう。

求められることはやってきたつもり。

上司の期待に100%応えてはないけれど

常に80%くらいで応えてきたはず。

やりたい仕事が理想と違ったけれど

その中で楽しいことを一生懸命に探せた

人並みに苦しいこととか辛いことも経験したはず

甘えることも上手くなり、世渡りに磨きがかかり

愛想笑い日本代表くらいのスキルを身につけて

絶妙な切り返しとツッコミに自信がついて

ここいらでどこか別のところで挑戦したらどうかと思うわけだ

 

まあそれが挑戦なのか逃げなのかは

色々言われるだろうけど

 

8月までが、勝負かもしれない。

170629

こんばんは、今日も仕事頑張った筒井です。

 

たまには音楽の話でも書きます。

あんまり不満ばかり書いてると

不満ばかり言ってんなよ、自分で選んだんだろ

とかいう歩く自己啓発本みたいな奴らに怒られそうなので。

因みに僕は理由はありませんがそういう奴らが大嫌いです。

特に理由はありません。

ただ、人として本当に嫌いなだけです。

 

最近ボーカロイドを聴き始めました。

僕が人生で初めて聴いたのは本当にそれは昔で

みっくみっくにしてあげる〜♪みたいなのとか

メルト、ブラックロックシューター?とか

その辺。Divaの第一弾とかが出たくらい。

それからもう何年経ったんだろう、10年くらい経ったんじゃないかな。

 

たまたまOrangestarの快晴を聴いた。

 

これは去年くらいの曲らしい。

 

素晴らしい、とにかく爽快。淡い。

 

そうだ。

自分はこういう青く突き抜ける夏みたいに

カラッカラな曲が好きだなと再確認しました。

 

ディレイがキラキラしてて眩しいし

ハイハットは駆け抜けてる

なんて素敵なんだ…。

 

限界まで音数を増やして

メロディに溢れる程歌詞を詰め込んだ時代が一時期あったよね。

はちP?とか、DECO?とかがトップだった頃

僕その辺疎いから分からないんだけど

それらの要素を洗練しつつ、現代のロキノン

(BPM180くらいの高速四つ打ちとオクターブ)

これらを融合したような、丁度よさが【快晴】にはあってですね

多分カナブーンとかがバンドカバーしても

なんかあんまり違和感が無いんですよね。

まあ鮪じゃこんな声出ないんだけどさ。

まあカナブーンなんかにコピーされちゃ切ないんだけどさ。

 

あんまり長くなるのはアレだけど

今のバンドブームってリバイバルって言われてるし

所詮何十年か前の焼き直しとか、色々あるけれど

長い歴史を持たないボカロは尚も進化してて、面白いなあと素直に思いました。

 

僕は音楽を作るほど長けた才能は無いけれど

これから生まれる色んなPに期待しちゃいます。

 

あ、余談だけど地元の友達がなんかヘコんでた。

らしくないから、茂原に帰ろうと思う。

サシ飲みの面白さには少し自信があるんですよ。

 

じゃあ、また明日も頑張ろうね。