×××× IN MY HEAD

思春期八年目、社会人二年目

ペン

 

Twitterをやっていた頃、仲良くしてもらった人と

 

飲みに連れて行って貰いました。

 

こんなこと言うときっと気持ち悪がられるけれど

 

その人は多分、僕と性格が似てる。

 

自分とよく似てる人ってあんまり会うことがない。

 

会ったっていう話も聞かない。

別にそれは僕自身じゃなくて、友人にもね。

 

ただその人はどことなく似てる。

 

好きなバンド4つあげてって言われて

 

全部同じなくらい似てる。

 

まあここをもって似てると言っていいのかは微妙だけれども。

 

なんでTwitterやらないのなんて話をしつつ、酒を飲みました。

 

 

なんか、「寂しさ」ってとても大事だと思うの。

僕はわりと誰かとLINEなりメールなりしてるタイプで

それに加えてSNSなんかやってたりしてたから

起きてる時間はだいたい誰かと繋がってる。みたいな生活で。少し前は。

でもそれって普通じゃないというか、うーん・・・

何かをしながら何かをする ってことが増えると

それが疎かになってる面もあるし

SNSみたいに、そこら中に自分を肯定してくれる仮の友達がいると

別にAさんとの関係が悪くなってもBさんがいるし、って

なんかその、寂しさとかを感じなくなる故のデメリットみたいなのが

結構ついてきてて、これは僕だけかもしれないけれど・・・。

例えば本当に寂しい時とか、悩んでる時に電話する相手とかを

SNSがあることによって、それが無いものにされてるような気がして。

便利なものがあるって、すごいいいことだし

否定してるわけじゃないんだけど

無きゃ無いで、見つけられるものがあるんじゃないかなっていう おはなし。

 

でもそんな僕も性懲りもなくツイッター

始めようとしてるのです。


おやすみ