×××× IN MY HEAD

思春期八年目、社会人二年目

ねじまき鳥

 

授業での発表だとか、レジュメ作成だとか

そういうものが実はもう最期だったとかがありそうで

今まで面倒だったものを改めてしっかりやろうと決心。

 

こう、なんかやたら陰気な人って居るよね。浮き沈みは別にいいんだけどさ。

いつもそんなんだと、参っちゃうよね。

いや多分かくいう僕もそっちよりなのかもしれないけれど。

でもなんかいつ何時もハァ・・・みたいな。もうね、疲れる。

これは凄い僕ができあがった人間みたいに書くけど、もっと色んな人が、自分がどう見られてるかを気にしながら過ごせばいい。ほんとに。自己主張の激しい人が「自分の思ったこと素直に言えるの本当羨ましい」とか言ってるともう訳が分からなくなる。

20を過ぎてから、人の好き嫌いが本当に増えた。

いろんな人を好きになりたい、わりと。

 

こう、改めて日記とかを書いてると

書きたいことをひたすらに書いてる自分と、それをなんか俯瞰して気持ち悪いなあって思ってる自分がいて、とても不思議というか、書きづらい。

こういう如何にもメンヘラァな記事なんて、俺は誰かが書いてても

絶対読もうとは思わないし、気色悪いし、何言ってんだよってなるけれど

いざ自分で思ってることをこう書いてみると、わりとそういう記事になるわけで。

困る。

 

 

そうだなあ、あとは

自分がその人に好かれてないって気づけないことは結構怖い。

俺、明らかに好きじゃないのに近くに居る人とかいるけど

その人は一体どんな空気の察し方をしているんだろうかと本当思う。

はたまたそれが自分かもしれないんだけどさ。

 

 

もう対人関係で磨り減りすぎていつか死ぬ気がするわ。

この間年下に、なんでそんな悲観的で捻くれてるのって言われたけれど

多分、慎重なんだよ、うん。