読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxxx IN MY HEAD

青い春の中

水航路

音楽 独り言
歌詞解釈なんて人それぞれだし
だいぶ自分に酔っ払ってるから
やや小馬鹿にしつつ読んでほしいとこはある。



何よりも好きな曲があります。


これ、勝手な解釈だけど

1番と2番が対になってる気がするんだよね。

サビの歌詞、凄い寂しくて切ないなあ
って思ってたんだけどさ
これ、よく考えると凄い前向きなんだね。


「結局は今を忘れるなら
目の前のなれあいもためらいも
ありふれてると思っていたいだけ

名曲は今も流れてるよ
目の前と向き合うとそれさえも
色褪せていくと思ったら、負け 」


頭の中でぼんやりとしかまとまってないけど


結局、今こういうとても楽しい瞬間も、いつか忘れてしまうんだから、大事だとか思わずに、ありふれてるんだ、たくさんあるんだ、これからもあるんだ、だから別に寂しくないんだ。

って思っていたい、だけ。なのが1番。

それで大サビの歌詞なんだけどさ

その目の前の幸せや楽しさ向き合うことで、それがいつか終わってしまうことを悟るんだけど
そんなことを思ってるようじゃ駄目なんだよね。今この楽しさってのは、忘れずに生き続ける、みたいな、


つまり、名曲は「今も」流れてる。

が全ての答えになってて、

全て色褪せることなんか無いんだよね。

素敵だ。