読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxxx IN MY HEAD

青い春の中

違法

 

blog.livedoor.jp

 

 

面白い記事があった。

これに対して

「違法DLやレンタルで済ますのは、気持ちがその程度ってこと」

とか

「お金を出してこそファンと言える」

とか

「応援したいならCDを買ってあげて」

とか

いろいろ検索すると意見が出てきてなかなか興味深かったス。

 

これだけ違法DLがダメと言われてても

(数年前は話題にすら上らなかった)

未だにGoogleやYahooでアルバム名やアーティスト名を検索すると

◯◯◯◯ rar だったり、xxxx zipだったり

基本的にはあってはならない予測変換が出てきて、アア・・・と思う。

 

とりわけレンタルを廃止しろとか

レンタルがいけないとかいう意見が多くて「おっ」ってなった。

 

 

僕はとにかくレンタル民である。

自他ともに認めるレンタル教の狂信者であって

ツタヤさんにいくら貢いだかも分からないくらい貢いできた。

 

レンタルがあればCDを買う人は減るのは当然よね。

だってアルバムって大物も若手も変わらず3000¥くらいするじゃん。

Twitterで「本当に好きなら買え!!」なんて言ってる人はさ

お金があるor好きなアーティストが少ないor真面目

これのどれかだよ。

(レンタルが)認められていて、存在しているのに使わないっていうのは

もうなんか時代遅れというか、昭和の親父みたいな頑固さを感じずにはいられない。

自分がちゃんとお金を出して買っているという事実を受け入れたくないというか

一緒にしないでほしい、みたいな気持ちなんだろうね、うん。

「俺は大好きだからCDも買って貢献してんだから!テメェみたいなツタヤマンと一緒にすんな!」

って言われてる気分だわ。

 

確かに、アーティスト側からしたらCDは買ってほしいだろうし

それが今後の生活に繋がるんだから、できることなら僕も全部買いたいけれど

1枚3000¥のアルバムと1枚270¥のレンタルで

結局皆、ipodとかにデータとして取り込んで聴くわけでしょ。

うーん。そりゃ借りるよ。本当に大好きなバンド以外は。

 

違法DLは論外として、レンタルをああだこうだ言う人がいるけれど

そういう人って映画や漫画には全く自分の目を向けてなかったりしてさ

DVDだって、漫画だって、レンタルで利用してたりするもんだよね。

もっと言えばHuluとかなんて、月1000¥くらいで映画見放題だよね。

レンタル反対派の人はこれらに何を思うのだろうか。

まあ、還元率が違うのかもしれないけどさ。

 

 

結局、アーティストに頑張って欲しい!!とかいう気持ちもありつつ

自分はCDをお金を出して買ったんだからレンタルなんて認めたくない!

っていう奴らがブーブー言ってるんでしょ。

 

 

言いたいことはわかる。

手軽に借りれすぎるし、YouTubeにだって曲はあるから

わざわざ1枚1200¥のシングルを買うよりもっと安く、気軽に聞ける。

それに対して制作費と宣伝費は恐らく何百倍になるんだろうね。

だからせめて、このスレの言葉を借りれば(お布施)として

お金をCDに出したい。

うーん、難しいね、どっちも分からなくはない。

 

まあ、ツタヤ卒業は程遠いかな。