読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxxx IN MY HEAD

青い春の中

ギャグ


尾っていう友達がいる。

僕が就活を始めて、三社だけに絞って
とにかくこの中から決めてやるってときに
最終選考でその中の一社に落ちた。
落ちたとき、松尾と映画館にいてさ
松尾もどう慰めりゃいいか分からなそうだったんだよね。

その時に松尾が、なんかジンクス?ルーティーン?を作るといいよね
って話になってさ
例えばほら、五郎丸が蹴る時に一風変わったポーズをしたり
野球選手がバットを構えるまでにホームベースをバットで二回叩いたり
それでなんか、松尾は仕事行く時に星野源のギャグを聴くようにしてる。
っていうから、それいいね。ってなってさ

これやったから大丈夫。頑張れる。
みたいに落ち着かせる方法があるといいね。ってわけ。

それでじゃあ、面接前、本社に着くまでは
星野源の「ギャグ」をひたすら聴くようにしたんすよ。
バカみたいに聴きまくった。

聴きまくったから内定貰えたかは関係ないけど、なんだかギャグ聴くたびに
あの忙しかった時期を思い出すし
なんかワクワクする。メラメラするというか…

ギャグの歌詞は深い。
騙されよう。騙されてみよう。というスタイル
それすらもギャグなような。人生がギャグなような。
いいね、人生がギャグ


3時間後から旅行が始まります。
計画を練りに練ってきました。
行きたい場所は、その場所が呼んでるらしいです。
きっとマカオのカジノとお姉さんが僕らを待ってるんですね。

楽しんできます。