読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxxx IN MY HEAD

青い春の中

カップ麺と足ツボと姫と猫

独り言

こんにちは、筒井です。

今日のブログは長くなります。

世の女性から批判される内容盛り沢山です。

 

 

僕の3個上に戸田さんという

身長183cmで切れ目のイケメン先輩がいます。

 

戸田さんはまあクズです。

仕事はすごいできます、かっこいい。

かっこいいクズってのはずるいです。

クズなとこすらもかっこよくみえる。

 

真面目系クズです。

楽しいことに飽くなき探究心があります。

 

今日はもともと、ロシア人の経営するメイドカフェに行くつもりでした。

ただ、まだオープン前でした。

なので、とりあえず秋葉原に行きました。

 

秋葉原は凄いです。

 

あの手この手で男の心を掴んできます。

こう見えても僕は風俗とかピンサロみたいな

お金を払って女の子を抱くようなところは

物凄い嫌悪感があります。そこには愛がない…!

( 行ってそうってよく言われるけど )

奇遇にも戸田さんもそれは同じでした。

 

なのでメイドカフェなのです。

 

なのでガールズバーなのです。

 

まず1件目

秋葉に着いたのは19:30頃でした。

素人アイドルがカップ麺を作ってくれて

カップ麺を待ってる間だけアイドルと会話できる。

という超マニアックなお店があったので

3分間のために入店。

他愛のない話をして約10分で退出。

 

2件目

キャッチのメイドさんに捕まろう

という目論見もあり、キャッチの多い通りを

5周くらいするも、あまり声をかけられず

ビラ配りの女の子に声をかけにいくという

逆キャッチ。

なんだか秋葉は色んな人がビラを配っていたのですが

1人だけ配るのを躊躇ってる人がいまして

あの子のところに行こう。と決意。

 

声をかけると、物凄い挙動不審。

ホンモノの天然系。

働いて5日目とのこと

 

足ツボや肩のマッサージ店でした。

お酒が飲みたかった僕らですが

エッチなお店ではないと確信の後

いつのまにかお店にいました。

(そういうとこだよね、ダメなのは)

お店では戸田さんと同じ部屋で

本格的な足ツボマッサージを受け

絶叫。痛みしかない。

ちなみに僕は胃と膀胱がかなり悪いらしいです。

膀胱ってなんすか、膀胱って。

 

3件目

いよいよお酒飲もうとなり

シンデレラをモチーフにしたメイド喫茶へ。

メイド喫茶とはいえ、お酒も出る。

メイドさんと軽くお話をしていると

「どこらへんの会社ですか?」というので

「竹橋です。」と答えると

なんかそのメイドさんがキョロキョロしだした。

何か心当たりがあるのかと聞くと

やたら隠そうとする。

そしてやたら会社名を聞かれる。

それとなく答える。

なんとそのメイドさんは内定を貰っていた?疑惑。

( 蹴ったそうです )

今日一番笑いました。

戸田さんに関しては名刺渡してました。

クソですよあの人。

メイドさんに名刺渡すとか危なさしかない。

爆笑しつつ退室。

 

4件目

4ヶ月前くらいに戸田さんと2人で行った

猫耳バーに突入。

4ヶ月前くらいに会った女の子が

顔を覚えててくれて、少し嬉しい僕ら。

その人はアイドルをやっているらしく

好きな飲み物は「水か酒」とのこと。

今日一番の名言でした。

 

まとめ

 

なんだかんだ4件を回り、帰宅。

彼女がいるという自覚をしろ

という声が聞こえてきます。

大変申し訳ありませんでした。

承知しております。

 

ただ、今日思ったのは

例えそんなニッチなバーで働いてても

みんなアイドルとか目指してて

そこに居場所があって

やっぱり秋葉はなんか

厚い雲に覆われてるけれど

とにかく夢があった。

 

こういうことしたいな、なりたいな

ってのを諦められない人たちがたくさんいた。

 

 

っていう記事にしておけば

綺麗にまとまるでしょうか。

 

 っていう記事にしておけば

保険をかけられるでしょうか。

 

ははは、まあまあ