×××× IN MY HEAD

思春期八年目、社会人二年目

変わるか変わらないか

昨日、飲みの席で2時間ほど話したことを

僕が忘れないために、書きます。

そして薦められて読んでいた本と

少しだけ重なるところもあったので、余計

余韻です、余韻。

 

昨日は楽しかった。間違いなく。

久々に日本酒も焼酎も飲んで、酔っ払って

終いには30分だけカラオケ行ってandymoriばっか歌った。

 

もともと、たまたま8月に海で仲良くなった夫婦と僕ら3人で

浅草で飲んでてさ、15時から20時くらいまで

そこから会が終わって、3人で飲もうってなったんだよね。

 

みんな同い年で、高校からの付き合いで

いつも五人で遊んでた中の二人がいたんだけどさ、そこに。

一人はM君。一人はN君。

明日も仕事だね。なんて話からお酒のせいもあって

Nが色々と周りの環境とか、生き方に愚痴をこぼしはじめたんだよね。

(あ、これ凄い長い記事になるなあ。)

 

中でもそいつが一番苦労してるし、俺なんかより社会の先輩だしさ

俺もMも色々と話は聞いていたけど、それとなく

お前らはまだ若いから。っていう話をするのね。

ここにいないあと二人のことなんかも踏まえながら

とりわけそのいない一人のうちのKはさ、まあ良くも悪くも適当で

頑固だし、口も達者だし、一番ふわふわはしてたんだけど

それでも俺は頑張ってるように見えるし、別にそれに対して

俺らがああだこうだ言うことでもないと思ってたわけさ。

 

それについて結構Nは厳しく言っててさ、まあ友人だから

ってのもあるし、そういうのを言い合う仲になってこそ

なんて見方もあるから、別にいいのかもしれないけれど

やっぱこう、なんていうかなあ

今まで何事もなく、ただ面白さだけを追求して一緒にいた俺らから

そういう見方をしたり、逆にKからNについて食って掛かったり

ってのがあるらしく、結構衝撃だったし、あんま受け入れたくなくてさ。

 

いいじゃん、別に。友達がどんな風に仕事して

なんのために働いて、何になりたいとか

触れちゃいけないことだと思ってたし、俺も言われたくない。

なんか、小さいころにサッカー選手になりたいっていう友達にさ

だったらもっと練習しろよとか、逆足でも捌けるようにしろとか

そんなこと言う友達って全然いなかったじゃん。

俺ら五人はなんか敢えてそういう子供の部分だけを晒せる仲で

そういう小難しい話とかは抜きしねえか?って関係だと思い込んでたのよね。

いいじゃんサッカー選手!!超夢ある。今なんも練習してねえけど大丈夫だよ!

って文面に落とすと餓鬼すぎるけれど、わりとこんなんだったんだよな。

 

それがやっぱそいつから見ると最近どうも違うらしい。

いろんな人と出会って、色んな人生見てきたから言うけどさ。みたいな。

いや、すげえわかる。俺も言いたいことは山ほどある。

でもやっぱり、それを言って素直に受け止めて頑張る奴もいれば

そうじゃない奴もいるし、てかそんなん言われてもさ

もう23歳で性格なんて変われないよ。正直。

もう今更親のありがたさを再認識したりしないでしょ、最近。

いなくなってから気づくとかいうレベルの話でさ

よっぽどどでかいパンチ食らわない限り、性格とか生き方なんて

第三者がどうこうするもんじゃないんだよな。

 

と僕は思っていて

幸いにも、Mも同じことを考えていて

帰り際にさ、変わってないのは俺らだけかもな

なんてドラマみたいなクサイ台詞小声で吐いちゃってさ

変わるのがいいとか、変わらないほうがいいとか

そういうことより、いい意味で無関心でいたいし

変わったところが嫌なら、楽しいところだけ見ておきたいね

それもあって昨日、Mと別れてからNとカラオケ行ったんだけどさ。

 

人付き合いって大変だね

っていうお話。

だからこれを書いてる筒井も

誰かの何かにとやかく言うような人にはなるなよ

っていう備忘録。