読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxxx IN MY HEAD

青い春の中

大東京と水

 

おつかれさまです、筒井です。

帰って飲んで即寝てました。

今日はいいことがありました。

とてもいいことでした。

契約更新ありがとうございました。

でも、営業は好きになれません。

 

昨日、大学時代の同期から相談を受けました。

6年くらい付き合ってた人と別れたと。

すごいよね、そんなに長いの。

青春時代の月日をお互い全賭けしたんだね。

いいね。

そんな人に振られたから抜け殻みたいになってると。

その人はまだ期待してました、戻れる。って

どうせ周りの友達も慰めてるだろうし

多分それ戻れないよ。と敢えて言いましたが

結局、向こうに好きな人がいてさ

六年間とその人を秤にかけたら

勝っちゃったんだよね、その人が。その瞬間は。

もうさ、それは仕方ないんだよな

最低、だとか、今までは何?とか

絶対なるんだけどさ

( 多分俺も当事者ならなるわ… )

でもさあ、そう思っちゃったんだから

仕方ないんだよね。寂しいね。

 

6年も同じ人を好きでいれるなら

もうそれって絶対大人だよね

かっこいいね。

何かを好きでいるのは難しいです。

好きだからこそ、移り変わるし、飽きるし

6年前から好きだったものなんて

一握りでしょ。

好きな本、好きな音楽、好きな場所、好きな食べ物

6年前から、好きなものの中の一つならまだしも

「1番」好きな音楽が6年前から変わらない

なんて話を20代の人から僕は聞いたことないです。

 

なんて声かけたらいいか分からないときってあるけれど

相談持ちかけたりする人って

同調を求めてるし、背中をさ

少しだけ押されたいだけだから

そういう意識を持たれてる相手に選んでもらってる

ってだけで、幸せだよね。嬉しいね。

 

 

 

 あ、私ですか。

愛さんは今日小林 尊の大食い選手権を

ひたすら観ていたらしいですよ。

イメトレでもしているのでしょうか。

なんなら僕も食べられたいです。

 

僕は順調です。