×××× IN MY HEAD

仕事のこと、音楽のこと、悲しかったこと、今日のこと

170629

こんばんは、今日も仕事頑張った筒井です。

 

たまには音楽の話でも書きます。

あんまり不満ばかり書いてると

不満ばかり言ってんなよ、自分で選んだんだろ

とかいう歩く自己啓発本みたいな奴らに怒られそうなので。

因みに僕は理由はありませんがそういう奴らが大嫌いです。

特に理由はありません。

ただ、人として本当に嫌いなだけです。

 

最近ボーカロイドを聴き始めました。

僕が人生で初めて聴いたのは本当にそれは昔で

みっくみっくにしてあげる〜♪みたいなのとか

メルト、ブラックロックシューター?とか

その辺。Divaの第一弾とかが出たくらい。

それからもう何年経ったんだろう、10年くらい経ったんじゃないかな。

 

たまたまOrangestarの快晴を聴いた。

 

これは去年くらいの曲らしい。

 

素晴らしい、とにかく爽快。淡い。

 

そうだ。

自分はこういう青く突き抜ける夏みたいに

カラッカラな曲が好きだなと再確認しました。

 

ディレイがキラキラしてて眩しいし

ハイハットは駆け抜けてる

なんて素敵なんだ…。

 

限界まで音数を増やして

メロディに溢れる程歌詞を詰め込んだ時代が一時期あったよね。

はちP?とか、DECO?とかがトップだった頃

僕その辺疎いから分からないんだけど

それらの要素を洗練しつつ、現代のロキノン

(BPM180くらいの高速四つ打ちとオクターブ)

これらを融合したような、丁度よさが【快晴】にはあってですね

多分カナブーンとかがバンドカバーしても

なんかあんまり違和感が無いんですよね。

まあ鮪じゃこんな声出ないんだけどさ。

まあカナブーンなんかにコピーされちゃ切ないんだけどさ。

 

あんまり長くなるのはアレだけど

今のバンドブームってリバイバルって言われてるし

所詮何十年か前の焼き直しとか、色々あるけれど

長い歴史を持たないボカロは尚も進化してて、面白いなあと素直に思いました。

 

僕は音楽を作るほど長けた才能は無いけれど

これから生まれる色んなPに期待しちゃいます。

 

あ、余談だけど地元の友達がなんかヘコんでた。

らしくないから、茂原に帰ろうと思う。

サシ飲みの面白さには少し自信があるんですよ。

 

じゃあ、また明日も頑張ろうね。