×××× IN MY HEAD

仕事のこと、音楽のこと、悲しかったこと、今日のこと

plentyは死んでいた

こんばんは、筒井です。

 

音楽は何でもない日を彩るんだぜ。みたいな映画をこの間観ました、フラッと観れて面白かったです。

 

   そんななんでもない日を彩る音楽についてですが、今日は元plenty 江沼郁弥くんのライブに行きました。

 

  一年前くらいにplentyは無くなりました。

ラストライブは行きませんでした。

なんかどうせ泣くし、傾いた空やるし、悔しいし、色々と。

 

 

 

   今回のライブについて、開催すること以外は何の告知もなかった。

何を弾くのかとか、誰がサポートなのかとか。

ワクワクするよね。

僕たちはサプライズに弱い。

 

何となく、plentyの曲はやらないだろうなとは感じていたけど、本当にやらなかった。

 

と言うよりは、MCが一切無かった。

 

曲と曲の間も長くて10秒くらい。間髪入れずに全然知らない曲が押し寄せた。

 

   いい曲もあった。

 

 

 

   でもね、ぶっちゃけplentyのほうが全然よかった。

 

 

 

なんか江沼がplentyでは成し得ない高尚な音楽を僕らに見せつけてきて

ついてこれる人だけついてきてね。と言われてるような気分だった。

まあ元々imogen heapとかSEにしてるくらいだから、ああいう荘厳な雰囲気とか好きなんだろうけどね。

以前、ライブでin silenceを聴いた時に感じた違和感みたいなのは

きっと江沼の本当に演りたい音楽がplentyから少しだけ滲み出てしまったからだと思った、今日ね。

 

   ライブレポートとかは感動の共有みたいで気持ち悪いから、何の曲がどうだったとかはどうでもいいんだけれど、4000¥の価値は無かった、正直ね。世にも出ていない曲を1時間聴かされるのはいくらファンでも苦痛だった。それに僕には色んな音が多すぎた。ボロクソ言ってるけど、ボロクソ言うほど僕は期待してた。

 

  何を出されてもファンだし、CD買っちゃったけどさ。

 

  いつからplentyじゃ物足りないと思うようになったのかなと考え始めたら、少し切なくなりました。

 

   日本人はーーー。みたいな話ではなく、音楽ファン、とりわけバンドファンって凄く同調圧力みたいなのが強い。なんでなんだろうね。

 

  私は嫌いだった。と言えるのは素敵なことです。

 

 それでもCDを聴き込んだらまた書きます。

 

そしてそれでもまたライブには足を運びます。

 

ファンだからね。