×××× IN MY HEAD

思春期八年目、社会人二年目

ミックスとユニゾン

こんばんわ

こんにちは月曜日、筒井です。

 

同期というか、同級生からのラインで

なんとなく泣いてしまいました。筒井です。

持つべきは友なんだなと。

 

後輩ってのもいい。素晴らしい。

なんでだろうね、好かれたいんだろうね。

 

あまり気を使うなと言ってくれる友達もいるし

どれだけ僕が迷惑かけてきたと思ってるんだろうって感じ

よくそこまで聖人になれるな。と。

だから僕も誰かにそういう人でいたいな

何があっても、されても、とりあえず少し側で見ててあげるような

バカ正直に裏切らない人に、自分のエゴで。

本当すげーよ、どういう育て方したらそんな人になれるのか知りたいわ。

 

色々悩みながらどんどん時間が経っていくの面白い

1年前に本気で悩んでたことなんてもう忘れてるし

きっと今もなんとかなるんだろうなって思う

 

最近ブログの内容が重たいな

キッツいわ。23歳がこんな世の中の心理を分かったような素振りで

偉そうに色々書いてるのはキッツいわ。

 

村上春樹が新しい本出したね、なんだかんだ買わないと。

ダンス・ダンス・ダンスには敵わないんだろうな

 

僕のブログはもう

毎日楽しくと踊り続けるしか書いてないよ

ただのダンサーだよ。これじゃ。

 

もう春だ。お別れの季節だ。寂しくなるな。

新卒の子たちが入ってくる。

期待と希望を抱いて入るんだろうな。

辛くないわけじゃないけれど、つまんないわけでもないよ。

自分次第なんだよ全部。

言い聞かせてるなコレ。

 

おやすみ、ちゃんと起きます。遅刻もうしません。

豆腐と胸騒ぎ

こんばんわ、筒井です。

あっという間に2月も終わりかけていて

色んなコトが毎日ありすぎて

尚更日々がいつもより早く進んでる気がする。

 

明日は職場の異動の発表があります。

きっと僕はこのまま東京だろうけれど

大阪だったらどうしよう。

向こうに1人も友達がいないし

休日何したらいいのか。

尚更引き篭もりに拍車がかかりそう。

 

遠くに行くのは寂しいし嫌だけれど

どこかで何か思いっきり変わるのもいいな

とか思ってたりもして

ちょっと刺激を求めてるよね。

 

嫌々言いつつもう1年が経ちます。

僕は高校も大学も辞めると言って

結果辞めずになんだかんだ卒業したので

よく周りからも「筒井はなんだかんだ辞めないよ」

って言われるけれど

まあ、多分そうなんだろうな。

ズルズルと何年かは働きそう。

 

何かを「面倒だから」とか「辛いから」とかいう理由で辞めると

「逃げ癖」がつく。

これ親戚のおじさんによく言われてた。

 

ここよりもっといいところがある。みたいな

まあ、結果そんなもんなかなか無いんだよね。

無いことに気付かず自分の求めるところだけ夢見て

色んなものを無駄に、邪険にして

気付かず進んじゃうのよね。

そもそも確固たる何かが自分にないのに

現状に不満だから逃げてもさ

そんな人はどこに言っても不満を言うし

粗探しをして、結局同じことの繰り返しで

どこにも必要とされない人になっていくのは

さすがに寂しい。

 

現状を受け容れて楽しく過ごすコツを探せる人ほど

どこに行っても頑張れるし、必要とされるのよね。

 

そりゃ誰しも不満だらけだよなあ、口を開けば。

つまんないつまんないって聞くけど

そう言う人って本人も大して面白くねえもんな。

 

踊り続けるしかないんだよなあ。結果。

リマインズとリマインダー

こんばんは、筒井です。

 

ひょんなことからテナーをやることになりました。

というか、もともと組んでいて

距離が離れて消滅したテナーバンドでしたが

skypeで録音音源を送り合うという

現代的な遊びをしております。

 

すごくたのしい、充実している。日々。

 

仕事して、帰って、飲んで、弾いて、吸って…

 

仕事が無かったらただのクソですよこれ。

 

毎日たのしい。

 

大変だねって言ってもらえるけど

僕は楽しいんで大丈夫です。

 

ほんとなんか…いい日が続いている。

よかった。

 

明日は晴れるといいなあ。

 

やる気と人柄

こんにちは、筒井です。

 

どうでもいい話ですが

匿名でブログをすることは楽しそうです。

会社のことも、思うことも

好きなように書けます。

 

約一年間働きましたが

最近いつも仕事のことばかり考えています。

どうも僕は単純で、少し報われると

モリモリやる気が出るチャラ…いや

チョロい男なんです。

今日はなんとなく広告について書きたいです。書きます。

 

僕はいわゆる広告を売ってます。

観光系ですが。

この雑誌のこのページどうですか。

このアプリで店舗紹介しませんか。

といった具合です、簡単に言うと。

 

僕らが見ているCM、バナー、記事広告

殆どはその会社が広告費を払って掲載しています。

仕事するまでそんな感覚ありませんでした。

食べログなんかもそう。

検索して、上に出てくるお店はたくさんお金を払っています。

これすら知らない人がほとんどです。

当たり前だよね。

@cosmeなんかもそう。

 

全て企業の広告費で

それを皆が行ったり買ったりして

SNSでレビューを垂れ流したり

友達に紹介して、売上になっていく流れです。

 

つまり何が言いたいかっていうと

本当にいいものなのか、粗悪品なのか

僕らには見分ける必要があります。

 

人気だからいいものなのか。

いいものだから人気なのか。

 

A=Bでも、B=Aにはならないんです。

不思議な公式が出来上がるんです。

 

 

言い方を悪くすれば

何も魅力のないようなモノやお店も

広告次第で爆発的な人気が出る可能性もあります。

プロモーション次第でその会社が上下に動く可能性があるんだよね。

 

ここまでで言いたいのは、人気だからいい

ってわけじゃないよってことね。

 

それでこれからが、他人の評価をどこまで信用するか

っていう話で

例えば、そうだなあ

君の名は。」があれだけ流行ったのは

プロモーション効果もあるけれど、ロングヒットする要因は

口コミだと思うのよね。

ツイッター、レビューサイト、その他SNS

絶賛→観ておかないとやばい。

のような焦燥感すら覚える流れ。凄い。

じゃあ酷評だらけだったらどうだろう

多分もうどこの劇場も上映してないと思う。

それがどんなに自分にとっては素晴らしい映画でも

観る機会のないまま終わる可能性が出てくる。

 

何が言いたいかって言うとね

誰かの評価や、大多数の評判によって

何かしらの機会を失うのは勿体無くて

CDなんかよくあると思うのよね。

「あのバンドの新譜ゴミだったよ。」

とか言われたら聴く気になんねえもん。

でもそれって本当?って

一回疑うことから始めたい。

そのCDや映画が人生を変えるくらいの一枚になるかもしれない

 

確かに、大多数の評価は正しいんだけど

それが全てじゃないんよな。

感覚的な話だけど、5/100がいいって言ってたら

だいたいそれはクソだよ。

でも30/100がイイ!って言ってたら?

打率3割だよ。

わりと当たる可能性あるんだよな。

 

「本当に」気になるものとかって

そんな評判なんて気にしちゃいけないと思う

例え損する可能性があっても

それを確かめることが必要だなって

自分で広告を売っててひしひし感じます。

 

この気持ちはね、対「人」にも当てはまると思う。

そいつが本当にダメなやつなのかどうか

本当は周りが言うほど悪いヤツじゃないんじゃない

って具合にね。

 

はあ、言いたいことがうまく最後に書けてよかった。

広告の話なんて出汁にしただけです。

うまく人を見ようぜ。って話です。

 

おつかれ、最後までこんな無駄なブログを

いつも読んでくれてありがとうございます。

戯言ですよ、ふふふ

 

 

踊り続ける羊とパスタ

こんにちは、筒井です。

 

超大型契約をとりました。

新規で。信じられない額で。単発。

過去に例を見ない額で。

褒めて欲しい。

 

まあそんな僕の仕事のことはどうでもよくて

昨日、同期から電話がきてさ、急に。夜中。

めちゃめちゃ泣いてて

こんな仕事したくないみたいになってて

困った。とても。

確かに俺もこんな仕事したくないしなあ

でも入ったからには仕方なくて

 

むしろ自分の生活とか人生?とかに

悩んでない人なんているのか

これでいいのかなって思いながら、その中で楽しむ方法を見つけるってのが

うまく世の中を渡る術なんじゃないかな。

 

みんなが色んなところで大変で

それぞれこれでいいのかなって思いながら

過ごしてると思うとなんか少し落ち着くよね

 

常に余裕を持っていたい

せめて余裕なフリができるゆとりはほしい

飄々と過ごしてる人って素敵じゃん

 

自分は変わっていないと思いながらも

周りはどんどん変わっていくし

多分それって自分も波に流されてるよね

この1年くらいで色んな人や関係が変わった。

 

どんな変化にも順応していたい。

 

あいつは変わっちまったから…

みたいなこととか言いたくない。面白くない。

変わっちまったあいつもあいつで面白い。

くらいの余裕が欲しい。

 

 

つまりね、もっと余裕が欲しいっていう話。

 

バランスと揺らぎ

こんにちは、営業中です。筒井です。

 

ノロウイルスからインフルエンザになり

地獄見ました。

 

いい日が続くと必ず悪いことが起きます。

僕は毎度そんな感じで23年間経ちました。

もうすぐ1年間働いたことになります。

やっと、ようやく

色んなクライアントと仲良くなれました。

若干の信用を買われている気がします。

おせーよ。もっと信じてくれよな。

プライベート適当でも仕事中は真面目なのにな。

ボロ出てるのかな。

 

広告業界は性に合ってるかもしれません。

自分の会社の利益は勿論だけれど

その会社のために何をどこまでできるのか

提案は全て自分次第らしい。

自由度が高い営業は、悪くない。

決して良くもないけど。

売るもの、売り方が決まってるなんてさ

別に僕じゃなくても出来るから

それよりは性に合ってるのかも。

自分らしい働き方とかよく言うけどさ

そんなもの誰も分からないよね。

 

CM、雑誌広告、電車の中吊り広告

見る度に「あ、これいくらくらいだろう」

とか考えるようになりました。

外出することにうんざりします。

効果のある広告ってなんなんでしょうね。

CM?看板?バナー?

僕らは何を見て、何を基準にモノを買ったり

その場所に行ったりするのか

毎日毎日考えている気がします。

病気。

 

やっぱり営業はしんどいときが多すぎる。

モノを売るって並大抵じゃないです。

広告ってのは事後が辛いです。

スーパーの試食だって営業なわけでさ

いかがですか→美味しい(美味しそう)→買う

ってゴールがあるけれど

我々は

いかがですか→興味ある→買う→効果は?

ってなる。

確かに、飯だろうが服だろうがトイレだろうが

買ってから後悔ってところは似てるけれど

求めている期待値が、、、ね。

いや、広告難しいよ大変だよって話を書きたいわけじゃないんだけどさ

自分がやれるだけやって、効果がなかなか出ないのは辛い。

騙している気分になる。物凄くしんどい。

なんとなく今年で辞めようと思っていたけど

居場所がある限りは頑張らなきゃね。

 

しんどいことの方が圧倒的に多い

だからもうポジティブで居続けたい

圧倒的ポジティブさ。面白いよね。

ニヤニヤしちゃうよね。

 

いつまで、どこまで働くんだろう。

大学みたいに辞めどきを失ったときに

楽しいことがたくさんあるといいな

全部報われたらいい。

 

 

2016年と二〇一七年

こんばんわ、筒井です。

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

 

だいぶ更新を止めておりました。

すみません。

もともと何かを長く続けるのは苦手な質ですが

ブログだけは二年も続いているという不思議。

 

2016年はそういえば地元の友達と初日の出を見たところから始まりました。

1月頃に卒論発表をし、2月にはマカオへ行き、3月には富士急に行き

4月に入社、5月に桂林へ旅行、6月は体調をしこたま崩し

7月に初受注、8月は大きな出来事があり、9月は・・・なんだろう。

10月に新事業部長が来て、11月は初キャバクラデビュー

そして12月にバンドが終わり、また地元の同じメンバーで年越し

うーん。楽しい。

思い返せばいい一年だった。

9月くらいからあっという間だった。

 

多分、代わり映えのない毎日になっていくんだと思う。これから。

仕事をして、お酒を飲んで、遊んで、寝る。繰り返し。

これが多分、毎日が早く感じる所以だ。

所以を「スオイー」と読んでしまうのは、まだ似非中国留学が抜けてないからか・・・

 

ブログを見返しても「楽しく過ごす」しか書いてない。

同じようなことをいつもいつも毎日毎回書いている。

きっとつまんないんだろうな。本当は。

実は全然面白くないのかもしれない。

それでも必死になって笑えることを探しているのかもしれない。滑稽だ。

今まで僕は多分、誰かに笑ってもらったり

自分をネタにしたり、何かしら楽しいことをするというよりは

楽しい空間を作って、はい、どうぞ。の方が好きだったんだけれど

学生じゃなくなるとそうもいかないらしい。

どうやら自ら楽しいところにダイブするスタイルを求めないと

何も楽しいことは起きないらしい。

 

少なくとも僕はそういう状況にいる。

 

よくわかんない友達と飲んだり、怪しい店にネタ作りで行ったり、ノリで朝まで飲んだり

って飲んでばっかりだけれど

 

楽しいことは転がってる。

 

具材はもう用意されてるから、あとは調理する意欲があるか否かなわけで

仕事から帰ってきて、疲れていて、料理する気がしないなあ。ってのとさ

自分で冷蔵庫漁って色々調理するのかってところでさ

探せば結構面白いことはたくさんあって

僕みたいな青二才が言うのもあれだけれど

毎日が退屈だとか、仕事で悩んでる人とか、人間関係ズタボロの人とか

もういつまでもそんな残飯ばっか食べてないでさ

自分から作りまくればいいのよ。多分。恐らく。きっと。

クソみたいな飯が出来ても、それはそれで笑えるから

キャバクラでモンスターみたいなの出てきても笑い話になるから

ホントそんな感じ。

 

何が言いたいかっていうとね

僕みたいなハチャメチャにネガティブな陰キャラでも

周りからみたら「筒井楽しそうだよね〜」

って思ってもらえるってこと。

思ってもらえると、こっちもなんか嬉しいし楽しくなるから。

 

今年は、「面白いから会わせたい」って言われる人になりたい。

僕の周りにはそういう人がたくさんいる。

こいつとこいつ会わせたら絶対物凄い化学融合起きて面白い。みたいな。

そういう材料の1つになりたい。

 

今日、おみくじを引いたら小吉でした。

鷽鳥 という言葉が書いてありました。

悪いことは全部ウソになるらしいです。超面白いじゃん。

「去年の悪しき(凶)は嘘(鷽・うそ)となり、吉(よき)に取り(鳥・とり替えん」

超ポジティブなやつ出てるじゃん。

 

驕らず、背伸びせず、今年も楽しい男筒井を演じます。

人の三倍速で生きるのです。

 

よろしくお願いいたします。