×××× IN MY HEAD

思春期八年目、社会人二年目

成金


話していると

あ、この人合わねえな

とか思うことがある。きっと誰しも。

その相手が距離を置いてくれるならまだしも

当人は特に好き嫌いとかなく、

いい意味で親しく、悪く言えばズケズケと

寄ってきたりする人がいる。


なんだよ面倒くせえなって思うこともあるけど

気に入られてるのに普通悪い気はしないよね。


つまり贅沢だよこんなことで悩むのは。



友達になるのを選んだりしなかったけど

いつの間にか距離とかをちゃんと選んで

こう、なんというかさ、

将棋のコマみたいに

自分の側近(金銀)とかを置いたりして

どうでもいい人は桂馬みたいな程よい距離で

いつでも切れる人は歩兵みたいな感じ。

自分は誰かにとって金銀飛車角かもだし

歩兵かもしれない。


そんで稀に成金になったりする。


わりと僕はそういうのが多い。

誰かが金に化けることと
がいつの間に寄り添いすぎてること。


その人が急に大事だと気づかされることと
誰かにとって歩兵だった僕が急に成ったり。


どうせなら皆に都合のいい歩兵でいたい。

そんでなんか筒井ってやついたな

って思い出されて、呼ばれた時に

成金みたいな役割を演じていたい。