読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xxxx IN MY HEAD

青い春の中

青緑


相変わらず、carpoolばっか聴いている。

中学から高校にかけて
インディーズバンドをどれだけ極めるか
ってことにとにかく夢中だった。
ちょっとマイナーなバンド聴いてる俺どうよ
みたいな気持ちはあったし
それを広めて、聴いてくれるバンドメンバーが居てくれるのも嬉しかった。
というか、人気者になりたかった。

最近になって、そういえば新しい音楽を聴くことがなくなったなァなんて思って、色々漁ってた中でたまたま見つけたのがcarpoolだったんだけどさ。

高校の頃、はちゃめちゃに色んなバンドを聴いて、優越感に浸ってたけど、別に今は誰か勧める人もいないし、みんな好みが完成されてて、新しいものを段々と受け付けなくなってる。
それはみんなじゃなくて僕も。
むしろなんか周りにそういうインディーズバンド厨みたいな人がいると、「なんやこいつ」って思ってしまうくらいで…
それはそれで悲しいよね。

そんな微妙な気持ちの中で本当に「好きだ!」と思える音楽があるのは、もうなんかかっこつけとか、誰かに勧めたいとか、そういうの抜きで、本当に自分が好きな音楽なんだなと思った。


そうそう、名曲はいまも流れてるんですよ。